[壮月一八]
そうげついっぱ はちがつそうげつ
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< * >>
LONDON
Daily Life
Writing
MICHI


--.--.--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト | スポンサー広告 |



2010.08.27(Fri)


ロンドン観光週間5日目です。スタートした日から正確に数えれば6日目。昨日は腐ってたからカウントできないやい!引きこもってたら、日本での生活とそんなに変わんないやい!


本日はMuseum of Childhoodへ。ちょっと中心地からは外れたベスナル グリーン(Bethnal Green)にあります。

 

ヴィクトリア&アルバート美術館の分館としてあるこちらは、名前の通り「子供」特に「おもちゃ」を中心にコレクションがあります。

  
   

自分の小さな頃を思い出すようなものから、「これがおもちゃ!?」というような本格的なものまで。1900年代のドールハウスなんて、まあ、インテリアじゃないのだろうかと思うほどの精巧さ。写真がないのは、暗くて我がカメラさんじゃ対応できなかったせい。いい子なんだけど、暗さには弱いぜ・・・。

こんな中に文楽の人形があると、ビックリしますね。確かに「人形」ではあるのですが、「人形」だからといって子供向けかというとそうでもないような。お雛様や五月人形は子供向けで間違いないのでしょうが・・・・(飾ってあった兜の台に「久月」と書いてあってニヤリとしました。実に一般的である)。

Museum of Childhoodというだけあって、子供の多い美術館でした。久々にわやわやした美術館・博物館に行った気がするぜ。でも、子供向けのものを集めているということなら、それが素敵な姿なのかもしれませんね。子供が楽しむものを集めたのですから!実際に、遊べる木馬があったり、小さな砂場(室内)があったり・・・。いつの時代の子供も、楽しいことをたくさん経験できるといいですよね、と思った次第でした。


ベスナル グリーンまで来たので、Geffrye Museumへ。


え、美術館!?というような雰囲気です。まるで公園のような、学校のような・・・。入り口も、案内を見つけるまではどこだかサッパリわかりませんでした。

こちらは、インテリアの博物館。イギリスのインテリアの変遷を見ることができます。一本の廊下を進んでいくごとに年代が進んでいって、一度にいろんなお宅を訪問できるような感覚です。いやあ贅沢。でも、こんなに装飾品に溢れた部屋を、ボリュームたっぷりのドレスでよく動き回れたもんだ・・・。もっと実際は広かったのでしょうけど、椅子に座るのだって一苦労じゃないだろうか。

 


博物館の建物自体もかなり古く、礼拝堂として使われていた部屋やreading roomなんてのもあります。自分の部屋に礼拝堂があるって・・・すごいな。いや、でも、「祠」だと考えればウチにもあるか。西洋人からすると、そっちの方が奇妙にうつるのかしらん。

 


小ぢんまりとした博物館なのですが、インテリアの他にもう一つ見所があります。

ハーブガーデン!秘密の花園みたい!正統派のイングリッシュガーデンという物は未だ見たことがありませんが、こちらも充分そう呼べるのでは。今日のような薄曇が似合うと感じるのはどうしてだろう。青空にしても、イタリアやスペインのような青い空では強すぎるしなあ。決して繊細な庭、という感じでもないのですが、少し翳りがあるのが魅力的です。

ジェフリー博物館、ゆったりとした雰囲気に素敵な展示でとてもいいのですが、難点は駅から遠いこと。バスの便もちょっと微妙。裏手にovergroundのHoxton駅ができたとはいえ、便利になるかなあ・・・?でも、そのくらいの方がこの静けさを保つにはいいのかもしれませんね。博物館としていいかどうかは別として!


明日は再び部屋の移動です。自分の部屋に戻れるのは嬉しいけれど、まだペンキ臭いよ・・・。そして、朝8時には塗装屋のおっちゃんたちが来るとか来ないとか。え、私いつ移動するの?朝起きろって?ひでえよ!土曜だよ!?

・・・元気があったら庭園史博物館だな、今度こそ。
スポンサーサイト



ロンドン観光週間 5 | LONDON | com(2)|



comment

by ()
このコメントは管理者の承認待ちです
2012.07.05 22:26 (edit)

by ()
このコメントは管理者の承認待ちです
2012.11.28 05:24 (edit)


comment form

 管理者にだけ公開する




/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。