[壮月一八]
そうげついっぱ はちがつそうげつ
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
<< * >>
LONDON
Daily Life
Writing
MICHI


--.--.--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト | スポンサー広告 |



2010.08.23(Mon)


ロンドン観光週間、二日目です。
「ブログに書く!」ということで、ちゃんとカメラも忘れずに行ってまいりました!それでも心がけないと写真を撮り忘れる私。習慣付けるって、大切ですね。

さて、本日はロンドン交通博物館へ行ってまいりました。

コベント ガーデンの一角に、小ぢんまりとあるこちら。ロンドンの公共交通をテーマにした博物館です。珍しいことに入場料がいります。学生だと6ポンド(寄付金込み)。市が運営してるからかな・・・?

中に入ると、世界各地の路線図が壁紙に。東京の地下鉄もありました。なんだか不思議な気分。

 

1800年代、馬車がバスの変わりに走っていた頃も二階建てだったのだなあ・・・と感慨にふけってみたり、

ブルーベル鉄道(先日行ってまいりました。引退したSLが保存されながら観光運行されている鉄道)と同じだ!というような旅客車にワクワクしてみたり、

 

このコレクションかわええ!とニヤニヤしてみたり。

ちみっこたちにまぎれて楽しんでまいりました。夏休みということもあり、小さいのがウロウロウロウロ。そしてその後を大人がウロウロウロウロ。でも、お父さんの方が夢中になっているところも。ビクトリア駅に初めてエスカレーターが取り付けられたときの映像や工事現場の再現などもあり、なかなかに楽しめます。車両の中にいるマネキンさんたちのお洋服もその時代にちゃんとあわせてあり、そういうところも面白いですね。

 

ミュージアムショップもなかなかに充実。路線図って、何でかわいいんだろう。お土産にだけではなく、自分の為に何か欲しくなります。ミュージアムショップは入場料なしで入れるので、そのうちまた買いに来てもいいかもしれない・・・。


さて、12時も過ぎたのでロンドン交通博物館を出て、コベント ガーデンを横目にいれながらエンデル ストリートへ。今週は「ロンドン観光週間」。ですので、いかにもロンドンという物を食べたいと思い、地球の歩き方を参考にしてみました。向かうはRock & Sole Place。ええ、ロンドンの食べ物といえば。

Fish & Chips!ただのタラのフライとフライドポテトなんですけどね。すっごくおいしいわけでもないのに、おいしいんですよね。もちろんお酢(と書くと米酢を想像しますが、穀物酢です。ビネガーと書けばいいのか?)とお塩でいただきます。でもこのお店にはタルタルソースとケチャップも完備。この無駄なでかさ(失礼)ですから、全ての味を試せます。個人的にはお魚にはお酢+お塩、ポテトにはケチャップかな。

いやしかし、でかい。ポテトの量も多い。お隣に座っていた日本人カップルは半分以上残していました。男の人も。それなのにポテト一握りのところで漸く諦めた私の胃袋が心配です。こっち基準になってんじゃねェよ・・・!


お腹もいっぱいになり、ナショナル ギャラリーで雨宿りをして、本屋さんに寄り道して帰宅したのでした。ナショナル ギャラリーは想定外だから記事は無し!いやはや、贅沢ですね。今日もたくさんのお客さんでした。でも、フェルメールに群がるわけでも、ゴッホに驚くわけでもなく。みなさん自分の好きな見方で見て回っているのですね。(ま、館内の動線も最悪だしね!自分の好きなように動かないと、わけわからないもんね!)

時に、本屋さんで立ち読みした赤ちゃんの名づけ辞典で自分の名前を見つけました。アメリカでは「quirky」という意味があるそうな。本当かよ?いい意味なのか、それは?
帰宅してネットで調べるとquirkyは見つけられませんでしたが、アボリジニの名前として「月」の意味があるそうです。こっちだと、少し嬉しいかな。

さて明日は、ビクトリア&アルバート美術館、そしてプロムスへ行ってみようと思います。
未だに「ヴィクトリア」と書くべきか「ビクトリア」でいいのか迷う英語勉強中の私です・・・。
スポンサーサイト

ロンドン観光週間 2 | LONDON | com(0)|



comment


comment form

 管理者にだけ公開する




/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。