[壮月一八]
そうげついっぱ はちがつそうげつ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< * >>
LONDON
Daily Life
Writing
MICHI


--.--.--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト | スポンサー広告 |



2010.08.22(Sun)


ああ南蛮紀行が放置されている。
マメだった私はどこかへいってしまったようです。
あの頃の情熱は一体何だったんだ。それともただ暇だったんだろうか。

唐突ですが、「夏休みなう」です。
2回目の夏休みです。1週間しかありません。それでも夏休みです。
寒いけど、夏やすみったら夏休みです。革ジャン買っちゃったよ。合皮だけど。

そんなわけで、休暇を手に入れました。
前回の休暇はポルトガルに行ったりフランスに行ったりと精力的に動いていたのですが、今回は本当に休暇にしようと考えています。ロンドンから離れないんだからっ!

でも、せっかくロンドンにいるので、お散歩と称してロンドン観光をしてみることにしました。
東京に住んでいる人がなかなか東京タワーへ行かないように、ロンドンに馴染んだおかげで未だセントポールもウエストミンスター寺院も行っていません。ウエストミンスター教会なんて、お隣なのにまだ行っていません。ウッカリこのまま帰国しちゃうんじゃないかという感じすらあります。

なので!

今週は!

ロンドン観光ブログでありますよ!
(ようやくブログらしくなるんではないか?)



そんな第1日目はテート ブリテンへ行って参りました。

テムズ川に面して、ミルバンク地区にあります。テート モダンができるまでは、近・現代の美術館だったそう。ターナーコレクションなんかが有名ですね。
(ああ、建物の写真撮ってこればよかった!きちんと写真を入れてブログを書いている人って、普段の心構えが違うのですね。)

特に有名なのは、オフェリアでしょうか。

オフェリア


ちょっと口が開いてるあたりが怖いですね。実際、お話を読んだことはないので特に思い入れがあるわけではないけれど。

私のヒットとしては、こちら。画像がボケボケなのは、あいぽんのせいです。

a.jpg


萩尾望都さんを思い出しました。似てませんか?一族にいそうじゃありませんか

テート ギャラリーの中枢であるにもかかわらず、ちょっと地味なテート ブリテン。ナショナルギャラリーに比べると、勢いも展示数も弱く感じられました(所蔵数はものすごいらしいですけれど・・・)。

ただし、個人的にはこのくらいのほうが好みです。ナショナル ギャラリーは強烈すぎて圧倒されて、疲れてしまう。あそこに関しては、展示数・展示方法のどうこうに加えて壁の色も一因であるようにも思えますが。

人も少なくて(日曜日なのに)のんびり見ることができました。欲を言えば、もうちょっと椅子があるといいな。



さて明日は、ロンドン交通博物館かな!それかシャーロックホームズ博物館、もしくは大英図書館・・・。アミダくじで決めようと思います。
今度はちゃんとカメラで撮ろうっと!

あ。
寮から突然に「壁塗り替えるから!週末、別の部屋用意したからそっちでヨロ!」とか言われても負けません。ペンキ臭さを恐れて、民族大移動もとい物資大移動ですが負けません。
スポンサーサイト

ロンドン観光週間 1 | LONDON | com(0)|



comment


comment form

 管理者にだけ公開する




/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。