[壮月一八]
そうげついっぱ はちがつそうげつ
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< * >>
LONDON
Daily Life
Writing
MICHI


--.--.--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト | スポンサー広告 |



2010.04.15(Thu)


あれ、なんでこんなに書いてないんだろ、私。
毎日書こう、とか思っていたのに間が空いてしまいました。うっかり。

・・・うっかり?

うっかりというよりも、忙殺されていたような。正確に言えば、単に余裕がなかっただけなのですが。やつれてないから(むしろ増加気味?)誰も気付きはしないでしょうし、同期も自分のことで精一杯だろうし。そして私も誰かに言うわけではないし。言ったってどうなるわけではありませんものね。こうして書いて吐き出すのは、自分の気持ちを整理するのに有効だからであって、ここに書くことで誰かが助けてくれて好転するとは思ってません。そりゃそうだわな。

余裕がない原因は幾つかあれど、なんといっても、自分の英語のできなさ加減にがっかりというのが一番なんだぜ!

どうして言えないの?
どうして聞こえないの?
どうして使えないの?
どうしてコミュニケーションが取れないの?
どうして?どうして?どうして?
――英語ができていないからさ。

気持ちと言葉が乖離してしまい、消化不良を起こしています。頭の中で考えていることと、表現できることの差が大きすぎて、もはや気持ちが悪い。自分に対してイライラします。「わかる」ことと、自分の表現に「つかえる」ものとが大きいのも腹立たしい。さっきこれ使えばよかったじゃない!と、授業のプリントを見て何度思ったことか。
そしてさらに、この事態の解消に最も必要なことが明確なのも苛立ちを増加させるのです。英語よ、英語。勉強すればいいんだよ。だけど、勉強の仕方がわからない。いままで苦労して勉強したことがないから(というと幾分か語弊があるけど)、急に「勉強!」といわれても努力の仕方がわからない。なんて甘えた野郎だろ。

私が今できるのは、授業を完璧にすること。わからなかったものを、ちゃんと拾い上げて「つかえる」ものにすること。自分にイライラが溜まるとしても、誰かにイライラを与えるとしても、喋ってみること。
恐らく、ではなく、間違いなくこれは最低ラインの努力なのだと思います。だからこそやらなくちゃ。

とかなんとかいいながら、大英博物館にお散歩に出かけた私ですが。おもしろかったよ!
暗い話は好きだけど、それを持続するのは苦手さ!

ただ。
私がこんなにも言葉が使えないことに苛立ちを覚えるのは、私が言葉に依存しているからかもしれない。
「だから・・・」と別の気がかりに結びつけるのは早計だけど、私の多くを言葉が占めているのは確かだと実感しました。
まだもうちょっと、考えが必要なようです。
スポンサーサイト

いつの間にやら一週間 | LONDON | com(0)|



comment


comment form

 管理者にだけ公開する




/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。