[壮月一八]
そうげついっぱ はちがつそうげつ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< * >>
LONDON
Daily Life
Writing
MICHI


--.--.--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト | スポンサー広告 |



2010.03.30(Tue)


起動、クリック、ダブルクリック、アイコン、オンライン、オフライン、ログイン、ログアウト、ID、パスワード、アットマーク、ドット

以上の言葉をNGワードとして、パソコン(特にskypeとpicasaの使い方)を教えろと言われたら、どうすれば一番いいんでしょうか。カンと度胸で覚えた私には、正直わからねえです。

母にパソコンを教えています。これがまた、ひと苦労です。
なんにせよ、NGワードが多すぎる。ひとつひとつを言いかえるのは非常に手間だし、言いかえる言葉が見つからないこともしばしば。そして、どこを見ていいのかすらわからない彼女の質問は突拍子もなく。

「そにーせいひんがいっせんめいさまにあたる、ってどういうこと?」

いや、それ広告だし。私に聞かれたって知らないし。っていうか見なくていいしそういうとこ。
ネットの見方、というのは検索の仕方だけではなく、画面に表示された情報の取捨選択の仕方でもあるのだなぁと実感しました。そういうことって、やはり経験で会得していくしかないのでしょうね。基本的に真ん中だけ見てればいいんだけどな・・・どうして端っこから読もうとするかな・・・(そりゃあ紙媒体は基本的に左上から順番に見ればいいんだけどさ)。

助かったのは、ペンタブがあったことでした。
未知のマウスの代わりに形としては馴染みのあるペンを使うことで、少し上達の道が開けました。だって、マウスで始めたころには

「どうして画面の端から端まで一回で動かせないの!?青いの(マウスパッド)ここまでしかないから、もうだめじゃん!」

と、文句を言われ、こうやってちょっと持ち上げればいいじゃない、と教えても

「持ち上がらないし!」

と、いやそれ単に変に力が入ってるから持ち上げにくいだけだし!とかいう行動を起こしていた彼女。そこらの感覚的な動きは自分なりの力の掛け方を習得しないと他人にどれだけ説明されてもダメだと思うので、匙を投げかけだったのでした。
そこでふと思い出したペンタブさんの存在。某チョロギーヌに頂戴したお古のワコムさんが、大活躍。ペンタブの設定を絶対座標にしてあるので、実際に自分の見ている画面と手元の一致がはかりやすくなったようなのです。私としては、相対座標のマウスモードが使いやすいのですが。

今日はようやく、お友達の協力を得てskypeを体験することができました。こ、この調子で覚えていってくれ!次は、skypeをしながらでもインターネットを使えるというのを教えたいのですが・・・あまりにも当たり前すぎて、なぜできるのかを問われて困っている最中です。いや、だって、なんでできるかって・・・ねえ?

超・初心者の状態のときに誰かに手ほどきを受けていればそれを参考にしたのでしょうが、とりあえずやってみろいけいけどんどーん!で収得したので、「とりあえず押してみて!」と言ってしまいます。おそらく、それじゃあダメなんだろうなあ。

でもやっぱり、習うより慣れろ!ですよ、母上・・・。
スポンサーサイト

パソコン教室 | Daily Life | com(0)|



comment


comment form

 管理者にだけ公開する




/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。