[壮月一八]
そうげついっぱ はちがつそうげつ
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< * >>
LONDON
Daily Life
Writing
MICHI


--.--.--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト | スポンサー広告 |



2010.03.23(Tue)


昨日、大学を無事に卒業しました。
おめでとう!ありがとう!

「バラ色の大学生活」「女子大生の華麗なる日常」やらには縁遠かったけれど、考えたこと、学んだこと、出会ったことは無駄ではなかったはず。
決して自己肯定ができるようになったわけではないけれど、私は私たる責任を持たねばならんのだとようやく自覚した次第。うーん、少し大人になったのかな?言葉にできるようになった分、少し成長はしたよね!
誰かから見れば、間違った方向で自我が形成されていっているのかもしれないけれど、当面の間はこういう人間でいようと思います。この4年間の結論としては、そこが一番でしょうか。

ありがたいことに、大学を卒業しても尚、私は勉強させてもらえます。
働け!と言われても仕方のない、というよりも当然の年齢になっていながら、確固たる信念もないまま勉強させてもらえるのはありがたい限り。でも、いい加減に何か見つけないといけない。仕事にできる武器を、身につけないと。
あたためて、あたためて、じっくり熟成が度を過ぎて腐敗にならないようにしないといけないと思うところです。

とりあえず、ロンドンには負けないぞ!
某夏目さんみたいに鬱にはならないぞ!
・・・英語は・・・どうにかなるでしょ、きっと。



しかし、まあ、久しぶりのnonchalantです。
自分の中にあるものを整理するには、文字にするのが一番だと気付きながらも、twitterにばかり気をとられておりました。短文でいいから楽なんですもん。でも、そろそろ文章を書くことを思い出したいと、nonchalantに手をつけてみました。
え、9月から書いてないの・・・?
実はnonchalantのスペルさえ忘れかけていた、ずぼらな私です。

nonchalantとブログに名前をつけて、早5年弱。あの頃はフランス語に憧れていたんでしょうかね。今なら、英語を別にするのならスペイン語で付けるけどな。むしろ素直に日本語。フランス語の雰囲気は(特に音になると)、含みがありすぎて。
そして、[てきとうな]という意味で付けたかったのでしょうが、今nonchalantの意味を調べてみると、

フランス語「心の温かさがない」の意

って。
・・・ブログのタイトルにしてはあまりにも悲観的ではあるまいか?いや、最近の反省点としては心の温かさの欠如が考えられるんだけど、タイトルにしては、ねぇ。
そこで5年目を期に(ちょっと早いけど)、名前を変えてみようかな、と思います。心機一転!
とはいえ、携帯アドレスを考えるのにも一苦労なのに、ポンといい名前が思いつくわけもなく。もうちょっと考えてみようと思います。だって、「心の温かさがない」って・・・ねえ。

「人間、本当のこと言われちゃうから腹が立つんだよ!」――歌謡ショウ つばさ
・・・カンナさん、本当ですわねェ。(すみれさん口調)
スポンサーサイト

卒業しました | Daily Life | com(0)|



comment


comment form

 管理者にだけ公開する




/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。