[壮月一八]
そうげついっぱ はちがつそうげつ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< * >>
LONDON
Daily Life
Writing
MICHI


--.--.--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト | スポンサー広告 |



2006.08.20(Sun)


火曜日には家を空けるので、冷蔵庫の片付けに余念のない私です。
がんばって豆腐やらところてんやらモズクやら野菜やらを食べてますよ。やっぱり20日近く放っておくのは怖いですしな。よって明日、明後日のメニューも「ノルマ」としてしっかり組み立てられているのです。給食の献立表みたいなのを書いたもん(笑)
だけど、頑張りすぎて火曜日の分が微妙になってきました・・・。やっぱり計画性はないですね、私。まぁいいや、コンビニに頼ろう。
便利な世の中だね。やっほい!

明日はバイト、明後日はサマーセッションのボランティアの最終日。
そういやボランティアについてちっとも書いてなかった・・・。とりあえず、私が得たものを箇条書きにしてみるのならば、
・アメリカ人がみんな陽気なわけじゃない(来てるアメリカ人はとてつもなく無口。)
・外国語を学ぶには勢いが必要
・なぜかみんな日本製のデジカメを持っている
・北京では社会人教育が盛ん
・学ぶ言語を決めるときに確固たる理由がなくとも上達できる
・英語って便利
という具合。サマーセッションに参加しているから日本語ができるかといえばそうでもない人のほうが多かったので、私の中でくすぶっていた問題は解決できそうにはありませんが、まぁボンヤリ過ごすだけの夏休みよりも遙かにマシだったろうと思います。
それにしても、日本語をたった3週間学んだだけでよくサマーセッションになんか参加しようと思うよね。その心意気は見上げるものがある。私は無理だな。言いたいことが通じなくて、もどかしくて仕方ないだろうし。
でも、私がイギリスのサマースクールに参加したときも大して英語はできなかったように思うよな。文法メチャクチャ、単語力もない。やっぱり勢いが大きかったのかもかも。
あ、いや、まず、仲間がいたから乗り切れたのかもしれない。うーん、楽しい思い出がよみがえる(笑)ひとたびイギリスの話をすれば、4年も前のことなのにものすごく盛り上がるもん。ネタは変わらないのによく飽きないこと!でも、それほど楽しかったんだろうなぁ。それに行ったのを機に、自分の中で何かが変わったようにも思うし。大切な思い出ですな!!
うん、そう考えてみると3週間だけの勉強でやってきた人を単純に「すんげぇヤツ」と見るのはいただけないかもしれない。すごいことはすごい。尊敬する。でも、仲間もいるし、勢いもあるし、チャンスがあった。あながち無理なことじゃないかもしれない。
ま、でも。まだ私はスペインなんぞいけませぬ!わけわかんねぇよ、スペイン語!
スペイン語マスターへの道は長く険しいのでした・・・・・。
スポンサーサイト

片して片して・・・・ | Daily Life | com(0)|



comment


comment form

 管理者にだけ公開する




/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。