[壮月一八]
そうげついっぱ はちがつそうげつ
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
<< * >>
LONDON
Daily Life
Writing
MICHI


--.--.--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト | スポンサー広告 |



2010.03.31(Wed)


興味あることの共通項に、ようやく気付きはじめた。

遅いのかな、とも思います。が、負けるわけにも手放すわけにもいかないんだぜ。

スポンサーサイト
一分一秒 | Daily Life | com(0)|



2010.03.30(Tue)


起動、クリック、ダブルクリック、アイコン、オンライン、オフライン、ログイン、ログアウト、ID、パスワード、アットマーク、ドット

以上の言葉をNGワードとして、パソコン(特にskypeとpicasaの使い方)を教えろと言われたら、どうすれば一番いいんでしょうか。カンと度胸で覚えた私には、正直わからねえです。

母にパソコンを教えています。これがまた、ひと苦労です。
なんにせよ、NGワードが多すぎる。ひとつひとつを言いかえるのは非常に手間だし、言いかえる言葉が見つからないこともしばしば。そして、どこを見ていいのかすらわからない彼女の質問は突拍子もなく。

「そにーせいひんがいっせんめいさまにあたる、ってどういうこと?」

いや、それ広告だし。私に聞かれたって知らないし。っていうか見なくていいしそういうとこ。
ネットの見方、というのは検索の仕方だけではなく、画面に表示された情報の取捨選択の仕方でもあるのだなぁと実感しました。そういうことって、やはり経験で会得していくしかないのでしょうね。基本的に真ん中だけ見てればいいんだけどな・・・どうして端っこから読もうとするかな・・・(そりゃあ紙媒体は基本的に左上から順番に見ればいいんだけどさ)。

助かったのは、ペンタブがあったことでした。
未知のマウスの代わりに形としては馴染みのあるペンを使うことで、少し上達の道が開けました。だって、マウスで始めたころには

「どうして画面の端から端まで一回で動かせないの!?青いの(マウスパッド)ここまでしかないから、もうだめじゃん!」

と、文句を言われ、こうやってちょっと持ち上げればいいじゃない、と教えても

「持ち上がらないし!」

と、いやそれ単に変に力が入ってるから持ち上げにくいだけだし!とかいう行動を起こしていた彼女。そこらの感覚的な動きは自分なりの力の掛け方を習得しないと他人にどれだけ説明されてもダメだと思うので、匙を投げかけだったのでした。
そこでふと思い出したペンタブさんの存在。某チョロギーヌに頂戴したお古のワコムさんが、大活躍。ペンタブの設定を絶対座標にしてあるので、実際に自分の見ている画面と手元の一致がはかりやすくなったようなのです。私としては、相対座標のマウスモードが使いやすいのですが。

今日はようやく、お友達の協力を得てskypeを体験することができました。こ、この調子で覚えていってくれ!次は、skypeをしながらでもインターネットを使えるというのを教えたいのですが・・・あまりにも当たり前すぎて、なぜできるのかを問われて困っている最中です。いや、だって、なんでできるかって・・・ねえ?

超・初心者の状態のときに誰かに手ほどきを受けていればそれを参考にしたのでしょうが、とりあえずやってみろいけいけどんどーん!で収得したので、「とりあえず押してみて!」と言ってしまいます。おそらく、それじゃあダメなんだろうなあ。

でもやっぱり、習うより慣れろ!ですよ、母上・・・。

パソコン教室 | Daily Life | com(0)|



2010.03.29(Mon)


眠いです。
そんなに体力続かないお年頃。いや、単に私が。

初・マンガ喫茶体験で貫徹。
ああいう場所なのですね!テレビでしか見たことなかったので、またよい経験になりました。畳のお部屋もあるとは。座イスにゴローンとなって、延々漫画を読んでいました。
あれだけあると何を読みたかったのか忘れちゃうよね。でも、途中で止まっている漫画の回収ができたから良かったな。メンズ校も愛さん・こやっさんキャラの把握ができたから満足(しかし尚更ドラマCD聴きたくなったよ!)。

しかし、ネカフェ難民が生まれるのも仕方ないような整備された環境でした。プライベートスペースも、飲み物も、シャワーもある。そしてもちろん、通信機器も。ビジネスホテルに一泊するより安い値段で、これだけのサービスを受けることができるんだったら・・・ねえ。
もちろん、ネカフェ難民となることが良いことではないとは理解しています。ただ、滞在の場所としてネットカフェを選択するのは、休息するためにも情報についてくためにも最適ではないかとすら思えてしまいました。ちょっと独特ではあるけれど。

他の店舗に行ったら、また違うサービスがあったりするのかな。次に利用するのはずいぶん先になりそうですが、また行ってみたいところです。


その初・マンガ喫茶体験の前には、カル会を開催してまいりました。(カル会:中高くっつきさんでの近況報告会?ダベり会?飲み会?)

お世話になった母校の先生方に驚かれるほどの開催率をほこっておりますが、最近はなかなか全員そろわず、「プチ・カル会」もしくは「カル会(仮)」となっていました。まあ、やることは同じなんだけども。今年からは一人が社会人になり、私もロンドンへ行くので、全員集合も難しくなる前に全員揃えて何よりでした。まあ、やることは同じなんだけども。

進路も考えも環境も違う私たちですが、なんやかんやで集まります。ドライな感じもあるくらいですが、このくらいが私は好きです。これからもゆる~く仲良くできたらいいなあ、なんて。こんなところで書いても仕方のないことなのだけど、面と向かって「これからも仲良くしてね」なんて言えるかわいさは持ち合わせてないので、書き表さないことには伝えることのできない気持ちです(お手紙には書くけどね)。

おばあちゃんになったとき、ゆる~くカル会をひらけたら・・・最高だな、と思います。よろしく、ねっ!


まんきつ! | Daily Life | com(0)|



2010.03.26(Fri)


ユニクロで1万2千円も買い物をしたのは初めてです。

しかし11点衣類買って1万2千円というのは、冷静に考えれば逆に驚きの値段か・・・。
初めて100均に行ったトットちゃんじゃないんだから、もうちょっと落ち着いた買い物をすればよかったんだろうけど、準備することを考えるとまとめ買いせざるを得なかったのです。いや、そういう心境になってしまったのです。年間のお買いもの・・・と考えれば、決して高くはない。高くは、ない。(言い聞かせ)
でもやっぱり、安いと思っているお店のレジで「いちまんにせんえん」と聞くと驚くよね、というおはなし。


そんなお買い物に出る電車の中で、前に座ったおばちゃま方が話していた内容がおもしろかった。

「クラスのいちばんチビがいじめてるんですって。ノートをゴミ箱に捨てたりして。」

小学校1年生のクラスでのお話のようです。ちなみに、いじめられている子は背の順では後ろの方。だからこのおばちゃまとしては、いじめている子がよけいに「チビ」として認識されている様子。まあ、ここまではありがち。

「で、それを拾うでしょう?そしたら、ルンペン・ルンペンっていってはやしたてるんですって。」

――ルンペンとな!
久々にルンペンという言葉を聞きました。死滅したかと思っていたのに。昭和の時代に出版された『世界の童話』やらでしか読んだことのない<ルンペン>という言葉が、超平成っ子・小学1年生のいじめ言葉として出てくるとは!
ある意味、感心してしまった。そんな言葉、どこで仕入れてきたの?しかも、使い方は的確だし。古い本でも読んだのか、そこの家庭では未だにホームレスはルンペンなのか。いじめっ子に聞いてみたいものです。

いつの間にか差別用語となってしまったルンペン。聞いた瞬間、懐かしい感じがしてしまいました。あ、乞食ももうダメな言葉なのかな。「おうさま・ひめさま・ぶた・こじき」って言って遊んでた私は、もはや古い部類の人間?
ホームレスとルンペンと乞食。指し示す対象としてはほぼ同一のものなのに、「差別的だ」という声が出てしまえばルンペンは差別用語。語源が問題なのかしら。ボロ布じゃ、あんまりか。そうか。それか。

差別的とみなされるものに対して考えを向けるのは、なんだか危ないような気がして臆病になってしまいますが、考えること自体は悪いことではないのではないかと思います。差別的だと言われているから、差別的だ。そう言ってしまうのは、考えるおつむがないみたいであんまりだよね~・・・というくらいのもんですが。
そんなわけで、一つの主張。『ちびくろサンボ』、私は好きです。差別とかそういう考えは横に置いて、トラのバターは素晴らしいじゃないか。だから私は、自分の子には読ませます。


ともだちが、わざわざ古本屋で見つけた花組コラムスの攻略本を送ってくれました。嬉しいな!コラムス、持ってないけど!
しかし、1のときのサクラの絵はとんがってるなぁ・・・。そういう時代だったのかな?まあ、4~君あるののっぺり具合もどうかと思うけど。いや、両方好きだけど。(結局そこ?)

消えた言葉 | Daily Life | com(0)|



2010.03.25(Thu)


ようやく改名です。

「壮月一八」

・・・結局、いいネタが思いつかなくて誕生日となりました。センスねェな!
昔――中学生の頃はもっと簡単に改名(サイトの名前も、HNも)していたように思うのですが、あれから7年ほどの歳月を経た今では、考えるのもお知らせするのも気恥ずかしく面倒くさい。携帯アドレスを変えるのと同じように。

というか、知人しか見ないようなブログにもかかわらず、HNを使うのも少し恥ずかしい。あの頃は一応、外に向かって書いていたから、HNがあっても「所謂ペンネームね!」というノリがあったのですが・・・。
うーん、だからといって、今テキストを書いても・・・ダメなところばかりに目がいって、なかなか表に出せない気もするな。物書きになりたいというのは、ひそかな野望であったわけですが(ひそかじゃなかったかな?)、書くことすらやめてしまった今日この頃。
書かないと、上達も何もないというのはわかっているのだけど。

努力下手というか、努力知らずとは私のことでありましょう。はい。


お友達の母上に頂いたテディベア(クマのぬいぐるみ、というにはノーブルな雰囲気)の名前を「ジャンポール Jr.」としたので、そろそろお洋服を誂えたいところ。本家ジャンポールのように白いワンピースの救護服もよいけれど、白いテディなのでここはアイリスとお揃いにすべきかと考えています。
もちろん、黄色の夏服の方で!
西原アイリスのおかげで、冬服よりも夏服の方が可愛いイメージがあります。ヒールの高さが難だったとかいう、3次元の事情はこの際無視してもいいくらい、夏服のアイリスちゃんはちっちゃくてかわいい!
さ、黄色い布を買いに行こうっと。

命名 | Daily Life | com(0)|



2010.03.24(Wed)


nonchalantという名前を、いい加減に変えようという話。
昨日からぼんやりと考えてはいるのですが、一向にいい名前が思いつかずにいます。

最近の好きな言葉は
「はじまれば、おわる」(綾鷹CMいいよね!)
「君は君、我は我なり されど仲よき」(武者小路実篤は「仲良し」が好きなのだろうかと思う)
なのですが、それはそれであり。

おそらく、また例によって考えすぎ。
「あたいのブログ!」
といったような名前の付け方でも、
「ひびづれづれ」
というようなものでも、別にいいわけですもんね。あまりにも凝った名前をつけるのは、恥ずかしいことになりかねないし(つまりnonchalantのような)、そのくらい素直な方がよいのかもしれません。

はて、世の皆さまはどんな具合に名前をつけておいでなのか。
好きな言葉から?好きな歌から?自分の名前から?

まあ、何だかんだ言って、こうやって考えているのが楽しいのですけど。ね。


そういえば、サクラの歌から何かいい言葉を拝借しようとサクラ大戦の歌詞を掲載するサイトさんを見ていたのですが、そのときにずっと頭の中で流れていたのが「春風の恋歌」だったというのが自分の中でひどく不思議。
以前はそんなに好きではなかったのに、この前のライブで聞いて以来、とても好きになっていました。やはり、生で聞くと違うのかな?「悪徳の花びら」もすんげぇ好きだし、今。いや、これは以前から好きか。

とはいえ、サクラの歌から言葉を拝借しようとすると、むずかゆい可愛さがあふれるので止めておこうと思いました。好きなのと、自分に合うのとは違うということで。


名前の話 | Daily Life | com(0)|



2010.03.23(Tue)


昨日、大学を無事に卒業しました。
おめでとう!ありがとう!

「バラ色の大学生活」「女子大生の華麗なる日常」やらには縁遠かったけれど、考えたこと、学んだこと、出会ったことは無駄ではなかったはず。
決して自己肯定ができるようになったわけではないけれど、私は私たる責任を持たねばならんのだとようやく自覚した次第。うーん、少し大人になったのかな?言葉にできるようになった分、少し成長はしたよね!
誰かから見れば、間違った方向で自我が形成されていっているのかもしれないけれど、当面の間はこういう人間でいようと思います。この4年間の結論としては、そこが一番でしょうか。

ありがたいことに、大学を卒業しても尚、私は勉強させてもらえます。
働け!と言われても仕方のない、というよりも当然の年齢になっていながら、確固たる信念もないまま勉強させてもらえるのはありがたい限り。でも、いい加減に何か見つけないといけない。仕事にできる武器を、身につけないと。
あたためて、あたためて、じっくり熟成が度を過ぎて腐敗にならないようにしないといけないと思うところです。

とりあえず、ロンドンには負けないぞ!
某夏目さんみたいに鬱にはならないぞ!
・・・英語は・・・どうにかなるでしょ、きっと。



しかし、まあ、久しぶりのnonchalantです。
自分の中にあるものを整理するには、文字にするのが一番だと気付きながらも、twitterにばかり気をとられておりました。短文でいいから楽なんですもん。でも、そろそろ文章を書くことを思い出したいと、nonchalantに手をつけてみました。
え、9月から書いてないの・・・?
実はnonchalantのスペルさえ忘れかけていた、ずぼらな私です。

nonchalantとブログに名前をつけて、早5年弱。あの頃はフランス語に憧れていたんでしょうかね。今なら、英語を別にするのならスペイン語で付けるけどな。むしろ素直に日本語。フランス語の雰囲気は(特に音になると)、含みがありすぎて。
そして、[てきとうな]という意味で付けたかったのでしょうが、今nonchalantの意味を調べてみると、

フランス語「心の温かさがない」の意

って。
・・・ブログのタイトルにしてはあまりにも悲観的ではあるまいか?いや、最近の反省点としては心の温かさの欠如が考えられるんだけど、タイトルにしては、ねぇ。
そこで5年目を期に(ちょっと早いけど)、名前を変えてみようかな、と思います。心機一転!
とはいえ、携帯アドレスを考えるのにも一苦労なのに、ポンといい名前が思いつくわけもなく。もうちょっと考えてみようと思います。だって、「心の温かさがない」って・・・ねえ。

「人間、本当のこと言われちゃうから腹が立つんだよ!」――歌謡ショウ つばさ
・・・カンナさん、本当ですわねェ。(すみれさん口調)

卒業しました | Daily Life | com(0)|






/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。