[壮月一八]
そうげついっぱ はちがつそうげつ
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
<< * >>
LONDON
Daily Life
Writing
MICHI


--.--.--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト | スポンサー広告 |



2007.12.23(Sun)


top
Merry Christmas!
おいしいケーキ たのしいおはなし
ほがらかえがお ひかるほしぼし 
そんなよるに だれかのおいわい
しあわせなひと なりますように。

そしてそして
もうすぐやってくる あたらしいとし
たくさんのよろこびが あなたにあり
たくさんのめぐみが あなたにある
しあわせなとしと なりますように。

こころから ねがっています!

d.gif




・・・・・・っていうのをね、デコメにして送ろうと思ったんだけど画像を作った時点で息絶えたよ俺!
画像が予想以上に重くなって、その処理をするのが面倒だったってのもあるんだけどね。そしてデコメって意外に料金かかるんだよねェ。この重さで送って大丈夫かしら・・・・・・?と思って調べて驚愕。送受信ともにウニャウニャでありました。やっぱりいまどき、ツールを思い切り使うためにはパケ放題なのかしら。せこいなぁ!
そんなわけで、ブログにてのおいわいでした。(みるひとすごくすくないだろうけどね!)
あ、画像は欲しけりゃ持ってってください。使い道はないでしょうが。

とにもかくにも、良いクリスマスを!


スポンサーサイト
おいわいを | Daily Life | com(0)|



2007.12.16(Sun)


「ピュア」と呼ばれる人間が悪いとかそういう話じゃないけど、
「ピュア」と呼ばれる人間はときにすごく面倒だ。
シニカルな笑みが思わず浮かんで、ああ目の前じゃなくて良かったね、と、心から安心。

いやはや、あと1週間で冬休みですね。クリスマス、もすぐそこですね。ケーキぐらい食べてお祝いムードに乗っかりたいとは思います。あ、でも今年はミサのお手伝いがあるのか。
それはまあどうでもいいのですが。クリスマスなんてちみっこと家族とカップルが楽しめばいいんだしな。

最近の、自分の中でのはやり言葉は「さっしゃりませ」なんです、という話。
「火の用心、さっしゃりませ」の「さっしゃりませ」です。さっしゃりなんせ、や、さっしゃりましょ、も可。
なさってくださいね、という意味。「火の用心、なさってくださいねー」より格段に可愛い響きになっていると思うのです。いつ頃の言葉なのかは知りませんが、少なくとも母の世代のもうチョイ上ぐらいでしょうかね?使われ始めはもっと前だろうけど。
少し時代がかった言葉は、なぜか可愛く聞こえます。この前は、思わずmixのことを「あいのこ」と言ってしまって苦笑されましたがな。あいのこ、っていうともはや差別になっちゃうんだろうか。ちびくろさんぼもアウトだったんでしょ?差別の基準を定めるのは結構ですが(酷く難しいけれど)、今まであったものを消去することはないのに。ん?あれって再版されたんだっけか……?(されてました!)
せっかく言葉を扱えるのだから、もっと沢山の言葉を知りたいですわ。言葉も漢字も英単語も忘れてばかりだもの!もう少し脳に頑張ってもらいたいものです。数学分をこっちにまわそうよ、ね!


そういえば先日。
授業中に「まだあげそめしまえがみの」だけ思い出して気持ち悪かったのですが、正体は島崎藤村、『初恋』でした。

まだあげそめしまえがみの
りんごのもとにみえしとき
まえにさしたるはなぐしの
はなあるきみとおもひけり

うーん、俺の記憶回路も整理した方がいいらしい(パソコもね!)

だれのことかはいわないが | Daily Life | com(0)|



2007.12.10(Mon)


自分の限界がわかってたらもっと楽なのにな。
――と、考える今日この頃。ネガティブ!

我が家に新しい家具が増えました。
椅子と、テーブル。
狭いのに、何新しいもの増やしてるんだよ?そう思う。だがね、君、私は椅子に座って食事がしたかったのだよ!
そんなわけで、ようやくしっかり座って食事ができますよ。床に近い生活も嫌いじゃないけれど、育ってきた上で染み付いた習慣に寄りたくなるのは無理ないですね。
しかし、模様替えした自分の部屋に未だに慣れません。外から帰ってきた瞬間、「ん?」となってしまいます。今まで縦長かった何もないスペース(何もないわけじゃないけど、動ける場所)が横長長方形になったせいか、無駄にぐるぐる回ってしまったり。因みに、暇だとぐるぐる部屋の中を歩き回る私の行動を母は「動物園の熊さん」と呼びます。くまさん・・・・・・。あながち遠くはない(笑
ああもっと広い部屋に住みたい。本棚を増やしたい。物を減らしたい。家に住みたい。――やっぱり将来の夢は「家を建てること」になりそうですね。

もしも | Daily Life | com(0)|



2007.12.02(Sun)


12月ですね。2007年ももう終わり――?
なんてこったい!今年中にやりたいと思っていたことがまだ山のように残っているよ!
お、追い詰められた方がやる子だから……まだ時間はあると思いたい。ですね。
でも、なんとなくだけれど、むしろ逆に気持ちに余裕があるよ。今日が日曜日だからかな?笑

ふとおもう。
成人式の話(下の記事。mixi転載というアイタタタなやつ。そういえば成人式の写真を某友達に見せたら、詐欺だッ!と力強く言われました。うん、自分でもそう思うよ!)をあらためて読み直して思う。
自分はどれだけオトナというものに憧れているのか、と。
オトナになったら、オトナになれば、オトナなら、オトナであれば……。
何が変わるんでしょうね?人間関係を上手くまわせるようになるの?持ち物が変わるの?考え方が変わるの?姿が変わるの?もっとおおらかになれるの?自分に自信が持てるの?
――でもそれはオトナだからというわけではないんでしょうね。
いつだって変わろうと思えば変われるし。変わろうと思って努力すればいいのだし。それなら一体、私はオトナになることをどういうことだと思っているのかな。
でも、ちょっと思ったんです。
私が憧れる「オトナ」の人って、だいたい30代過ぎた方ばかりなのです(いや、あの、2次元は除く、だからね。)。それを考えると、自分の思っている「オトナ」への入り口はまだ遠いのだと感じれて少し安心。……そうなると、きっと三十路前にまたグダグダ考え込むんでしょうな!
だからなのでしょうか。大学を見回して、オトナだと思う人はそうそういないのです。法律と、人の感覚が完全に合うことなんて滅多にないってことですね。そして、個人の感覚と周囲の感覚が完全に合うことも滅多にないのでしょうね。私に限らず。
ともかく、オトナコドモにはならないように努力しよう。ピーターパン症候群にはかかりたくない。年を重ねているのに、実質的に重ねているものがないのなら、一体その年は何だったのさ。ね。

気持ちに余裕が出ると、ぐるぐる考えごとを始めるヤロウでした。
たまにはまじめ!笑

ふとおもう | Daily Life | com(0)|






/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。