[壮月一八]
そうげついっぱ はちがつそうげつ
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< * >>
LONDON
Daily Life
Writing
MICHI


--.--.--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーサイト | スポンサー広告 |



2010.07.25(Sun)


6月22日

ふわふわすぎる枕に何となく肩が痛いものの、快晴にテンションが上がる。本日はベレンの塔~ジェロニモス修道院~バイシャ地区を目指します。

まずは地下鉄の液で1日乗車券を購入。驚くべきことに、普通の紙・・・。中に磁気が入っているのでしょうが、パッと見た感じはタダの紙・・・なんだかなくしそう。
でも、地下鉄に冷房が付いているという点ではすばらしい!ロンドン地下鉄事情に絶望した私には感動であります。(でも、パリに行って更なる絶望を感じた。あれは腐海であった。)
そしてなぜか壁画がアリスのうさぎさん。何の関係があるのか、未だに謎です。かわいいのだけ・・・、こんなに大きいとちょっと怖い。アズレージョで作られているあたり、さすがポルトガル。

Cais do Sodreまで移動して、さらにトラムへ。路面電車っていいですね!路面電車がある道路は運転したくないけど(熊本とか、自分で運転したくない!地元民に頼ろう。)
天気が良すぎてだんだん腕がヒリヒリしてくる。それでもなお、こういう晴れの日が好きなんだよな。皆さんトラムの中でもしっかりサングラスしてるし。持ってこなかったことが悔やまれる。

ベレンの塔よりもジェロニモス修道院の方が市街に近いので、ちょっと通り越しながらまずはベレンの塔へ。
ベレンの塔と言えば、何を隠そうモンタナが訪れた場所であります。いや、ジェロニモス修道院も行ってるけど、やっぱり印象に残るのはベレンの塔ですよね。なんてったって、建ってる場所が!

海もとい河の中。一度見たら忘れられない変な感じ。灯台や見張り台、要塞としての役目を持って作られたので理解できなくはないのですが、やっぱり変な感じ。世界遺産なのに、変な感じ。だから世界遺産なのか。もちろん美しくもあり感動なのですがね!出窓も床も凝ったデザインです。
水責めができる監獄としても使用されていたそうで、そういうのを見るとぞわぞわっとします。

 

ベレンの塔を出て、ジェロニモス修道院へ。しかし日差しが厳しいんだぜ。思わずジュースを買いに入ったスーパー(全国展開中)が魚くさかったのが印象的。魚売り場が充実しているんだから当然なのですが、やっぱり魚を良く食べる国なのだろうなあと実感した次第。

ジェロニモス修道院に到着するも、まずは隣接する海洋博物館へ。目当てにはしていなかったのですが、ジェロニモス修道院ってこっちにも入り口あったのね!と思って近寄って行った結果、発見しました。これを目当てに来た人はわかりにくいんじゃないだろうか。
内部はリベラさんはこういう船に乗ってきたのかな・・・なんて楽しい想像ができる帆船の模型や、ポルトガル海軍の制服、さらにはソマリア沖海賊の展示まであり、よりどりみどり。ざっくばらんとしている印象はありますが(特に、皇族が乗っていた船などが展示されている場所はまるで管理倉庫のような印象。整ってはいるのですが・・・)ポルトガルがパワフルだったあの頃に思いを馳せるにはいい場所かもしれません。パワフルだった、なんて書くと今のポルトガルに失礼ですね。うっかり。

 

さて、ついにジェロニモス修道院。こちらも世界遺産です。
大航海時代に得た富をふんだんに使って作られたこの修道院、回廊が見事です。中庭に立って見回すと、なんだかまるで違う時代に入り込んだよう。外の明るさから日陰の回廊、そして薄暗い部屋に入ったときの光の違いが印象的でした。南欧の乾燥した空気の中の、強い光と濃い影のコントラストがとても好きです(アフリカや中東も光が強そうだけど、まだ行ったことないからわからない。もちろん、日本の夏のあの日差しも好き)。
修道院内部にはヴァスコ・ダ・ガマの棺が安置されていました。いやはや、お疲れ様であります。

 

ジェロニモス修道院を出て向かうのは、もちろんPasteis de Belen。エッグタルト(pasteis de nata)で有名なお店です。どのガイドブックにも載ってるんじゃないだろうかというくらい。私は大好きな味でした。食べ難いのがアレですが、コツがあるのかな・・・(ミルフィーユ食べるのも下手な私ですし)。そして、エッグタルトとカフェオレ(meia de leite)で€1.75なのでお手ごろ価格です。小さいけど、2個も3個も一度に食べなくても満足です。

一息入れた後は、再びCais do Sodreに戻ってバイシャ地区へ。
ってのは、次の記事にて。写真を入れると、1つの記事が長くなりがちですね。文章書いてないくせに!

スポンサーサイト
南蛮紀行 2 | Daily Life | com(0)|



2010.07.21(Wed)


6月21日

ロンドンからリスボンまでは、飛行機で3時間と少し。九州からすると北海道くらいでしょうか。
因みに今回は破格のeasy jetを使ってガトウィックから飛び立ちました。座席指定がない航空会社は初体験なんだぜ。

そして、リスボン!


これで8時過ぎ。よく考えれば「どんだけ明るいんだよッ!」という感じですが、ロンドンもたいして変わらないので驚きが半減。ちえ。そして予想よりもずっと涼しく、カーディガンを着ていて丁度いいくらいでした。

earo busに乗って市内まで。20分ごとに発車という親切設定です。うーん、ヒースローと比べるとなんと便の良いこと・・・。市内に程近いところに空港があるという理由もあるかもしれませんが(言うなれば福岡空港のような)、€3.50で市街地どこまでも行けるというのは便利だよなあ。
しかし親切でなかったのはバスのアナウンス。ポルトガル語がまったくわからない旅行者に容赦ない巻き舌。案内表示の液晶も付いていたのですが、電波の悪いテレビのような砂嵐で読めない状態。全神経を集中させ“Ave de Liberdade”を探し、合っているのか合っていないのか不安なままバスを降りたのでした。こ、こんなところで疲れるとは・・・。

そしてホテルまで移動。本日のお宿はLisbon Guests。一泊€30ちょいという破格設定。
地図によるとAve de Liberdadeのバス停からスグでわかりやすい場所にあるハズなのだけど、いやあ、見つけにくかった。一見普通のお宅というか普通のアパートのようで、一度通り過ぎてしまいました。中も本当にアパートのような造りで、中にいた人に受付はどこ?と聞かねばわかりませんでした。それでいいのか。
ただ、対応してくれたお姉さんは実に感じがよく、親切でした。
「疲れてない?大丈夫?日本から来たの?あ、ロンドンから!他にも日本人が泊まってるよ、あ、シャワーは下にもあるからね。パソコン使う?wi-fiは?じゃあこれパスワードね。」
彼女のペースで進んでいく手続きと会話。親切さと不便さがごちゃごちゃと存在して、うーん、実にゆるいホスピタリティ。私はこういうの好きですがね。

お姉さんに案内され、今回のお部屋へ。シングルルームを予約したのですが、実にシングルルームでした。ベッドとワードローブ、キャビネット。それだけ。まるで寮のようなお部屋。こじんまりと可愛くまとまっていました。


ホステルだし丁度いいくらい。でも「滞在する場所も大事でしょ!」と考える人にはあんまりにも簡素すぎるかも。
ちなみに、トイレとお風呂に加えて、キッチンの設備もあります。


この時点で時刻は9時過ぎ。飛行機移動に疲れたので、近くのカフェでパン(というかピザというかフォカッチャというか)と水を買い、本日を終了することにしたのでした。

南蛮紀行 1 | Daily Life | com(0)|



2010.04.06(Tue)


東京なう、です。
東京の桜餅を初めて食べました。所謂、長命寺ね。桜餅と私の中で認定されるかは別として、味は悪くない。すみれさんが「桜餅を頂きに参りませんこと?」と言っている時の桜餅はこの桜餅なんだなぁ・・・と思いながら食しました。
でもやっぱり、桜餅と言えば道明寺でしょ!あのもっちり餅でないと、餅じゃないわ!


ついに明日です。飛びます飛びます!
朝が早いのがつらいです。T/Cとか用意しなくちゃなぁ。大変だなぁ。
もはや、何を言っていいのかわからないです。寂しいのか、嬉しいのか、緊張してるのか。ipodたんだけは準備万端。

すぐ。 | Daily Life | com(0)|



2010.04.05(Mon)


ついに明日東京へ参ります。
8時半に成田にいるためには、前日には東京入りしなくてはならいという九州の悲しさ。いくらスカイマークの始発使っても、8時半成田は無理だあ・・・。

そんなわけで、実家最終日です。いや、全然最終というわけではなく、単にお出掛け直前日というだけ。1年(正確にいえばそれ未満)すれば帰宅するわけだし、きっと1年後にこの場所に座っても何の変化もないはずだから。だけど、やっぱり僅かな寂しさとかそういうものがウロウロしています。京都に出るときも、こんなだったかしら・・・?
少なくとも荷物の心配をしなくて良かった分、精神的には楽だったかな。今使っているものは当たり前に手に入るわけだし、欲しいものがあれば送ってもらえばいい話だし。同じものをそろえることができる、というのは結構な安心感ですよね。ロンドン行ったら、ソ*ィのボ*ィフ*ットすらも買えないんだろうしなあ。そういう衛生用品こそ、同じものが安心なのに。

生活に重点を置きがちな私としては、やっぱり語学力よりもこういったことが気になるようです。
あ、でも、食事面はそんなに気にならないかも。食事も「生活」は生活なのだけど、頓着しないからかな。自分のことなのに、そこで区切りをつけているのが不思議です。


ロンドンへ写真を持っていこうと、昔の写真をひっくり返していました。
いやあ・・・整形疑惑が出ても仕方がない。幼少時→現在はちゃんと矢印で繋がるのですが、その→に含まれるべき小・中・高があまりにもあまりにも。特に小学生時分はおでぶちゃんで、小学生の私しか知らない人が今の私を見たら「整形した!?」と言われても仕方ないかも・・・と自分でも思います。してないけどね!そんなお金あるんだったら違うことに使うわ!

違うこと?そりゃあサクラの全集買うとか・・・買うとか・・・買うとか・・・(お釣り来るかな?)

安心の生活 | Daily Life | com(0)|



2010.04.04(Sun)


うちの祖母が、脱腸しまして。あー・・・びっくりした。

大騒ぎするほどの重症ではなかったので、一同ほっとしたのでした。加齢に伴い、筋肉が弱まって出てきてしまったんだとか。健康維持、というよりも、現状維持のために筋トレが必要だとは。下腹部、鍛えよう・・・(と考えて実行に移せたのはほんの数回)。

受診からスピード帰宅で、お医者さんからは大した心配をされていない祖母ですが、粘液や血液が出てくるようでどうにもこうにも「キモチワルイ」様子。こればっかりは、素人にはどうしようもありません。直接拭いたりすると、粘膜が炎症を起こして悪化するというし・・・。そこで苦渋の選択として、オムツに挑戦してみました。介護などはまだ必要のない祖母にオムツというのは・・・とも思ったのですが、

「・・・どう?」

「うん、あったかいね~。」

そ こ か よ 。

祖母の反応に母と苦笑したのでした。これならちょっと安心です。とにもかくにも、早いところ腸をひっこめてもらわねば。少なくとも、粘液・血液が止まればなあ。素人療法をやりにくい場所なので、お医者さんを信じるしかないかな。


そんな祖母の家からの帰り道。ラジオから聞こえてきた、どこかで聞いたことのある高笑い。

『お~っほっほっほっほっほっほっほ・・・』

「あ、すみれさん!」

母、正解!正確には美智恵さんですが、そこは御愛嬌。何かのCMのようでしたが、美智恵さんはいろんなお仕事やってらっしゃるなあ。しかし、いつの間にか母にも刷り込み完了。そりゃあ居間で騒がれれば覚えますよね。ちなみに母の中で定着した声は、「まゆみさん」と「どいせんせい」と「おおつかさん(明夫さん)」と「いしだくん」。有名どころをおさえましたな、母上!

え、母上、齢六十にしてヲタの道へ?

ちょう | Daily Life | com(0)|






/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。